新型コロナウイルスインフルエンザなどのウイルス感染の予防として、手洗いマスクの着用人が多く集まる場所へ行かない、などの対策が一般的ですが、免疫力を高めることで、これらのウイルスに感染しにくくなります。この記事では、「免疫力とは何か?」「免疫力低下が及ぼす悪影響」「免疫力を高める食べ物」について解説します。

スポンサードリンク

免疫力とは?体の自己防衛システム!!

免疫力(めんえきりょく)とは、「一度病気にかかったら、二度とかからない」、あるいは、「抵抗ができる」ことを言います。わたしたちの周りには、細菌ウイルスほこり汚染物質など身体に有害なものが沢山存在しています。これらの物質にさらされていても、私たちが病気にならないのは、これらの有害物質を体から排除する免疫という体の自己防護システムがあるからです。インフルエンザのウイルス病原菌などの異物が体内に侵入してくると免疫システムが働き、異物から体を守ってくれます。また、免疫は、体内で発生したガン細胞にも対応します。免疫力低下は、ガンや、インフルエンザその他の病気にかかりやすくなるということです。

免疫には、自然免疫獲得免疫二種類があります。

自然免疫

自然免疫(しぜんめんえき)とは、ウイルスや細菌などの敵が体内に入ってくると、真っ先に駆けつけて、やっつける免疫反応をいい、マクロファージ顆粒球(かりゅうきゅう)NK細胞などの免疫細胞がそれにあたります。

獲得免疫

獲得免疫(かくとくめんえき)とは、自然免疫の目を盗んで、体内で増殖をはじめたウイルス細菌、あるいはガン細胞などの病原体が現れた時に活躍する免疫で、敵(抗原)の目印を認識し、敵に合った高度な戦い方ができる免疫反応です。獲得免疫は、敵に出会うと、T細胞B細胞などのリンパ球大量に増殖され強い殺傷能力を発揮します。

スポンサードリンク

免疫力低下は体に様々な悪影響を及ぼす!!

免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなるだけではなくガンなどの病気を発症するリスクも増加します。また、免疫力が低下している時は、血行が悪く新陳代謝が低下しているのでお肌のトラブルも多発します。免疫力が低下するとかかりやすい病気を以下に記載します。

かぜインフルエンザ食中毒口内炎歯周病心臓病糖尿病腫瘍膠原病(こうげんびょう)慢性リンパ性白血病、など

スポンサードリンク

免疫力を高める食べ物!!

免疫力を高める為に良いとされている栄養素は、タンパク質ポリフェノールβ-カロテンβ-グルカゴン乳酸菌食物繊維7つです。これらを多く含む食べ物を食べることで免疫力を高めることができます。

タンパク質を含む食べ物

タンパク質は、細胞や免疫物質を作る栄養素です。大豆製品乳製品には、多くのタンパク質が含まれています。

ポリフェノールを含む食べ物

ポリフェノールは、活性酸素に結び付き、活性酸素を体から取り除き白血球の働きを高める効果があります。緑茶ココア赤ワインには、ポリフェノールが多く含まれています。

β-カロテンを含む食べ物

緑黄色野菜に多く含まれているβ-カロテンは、細菌やウイルスを殺すマクロファージを増やしたり、菌の攻撃パターンを記憶するリンパ球の機能を高めます。かぼちゃニンジンほうれんそうには、多くのβ-カロテンが含まれています。

β-グルカゴンを含む食べ物

β-グルカゴンには、マクロファージを刺激して、免疫力を高める働きがあります。きのこ類には、β-グルカゴンが多く含まれています。

乳酸菌を含む食べ物

乳酸菌(にゅうさんきん)には、腸内環境を整える働きがあります。腸内環境を整えることで、抗体ができ、免疫力が高まります。善玉菌であるビフィズス菌をはじめとする乳酸菌は、悪玉菌のウエルシュ菌や大腸菌を抑えてくれます。ヨーグルト納豆ぬか漬け味噌醤油などの発酵食品には、沢山の乳酸菌が含まれています。

食物繊維を含む食べ物

食物繊維には、腸内の有害物質を排出し腸内を綺麗にし善玉菌を増やす働きがあります。野菜果物いもまめ類には、多くの食物繊維が含まれています。

これらの、免疫力を高める食べ物を沢山食べれば良いというわけではなく、日頃から、バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

スポンサードリンク

まとめ

「免疫力とは?体の自己防衛システム!!」「免疫力低下は体に様々な悪影響を及ぼす!!」「免疫力を高める食べ物!!」について説明いたしました。免疫力を高める方法は、食べ物だけではありません。以下のことを行うことで、免疫力を更に高めることができるので、ぜひ実践してみて下さい。

・適度な運動を行う

・十分な睡眠を取る

・バランスの取れた食事を心がける

・ストレスを発散する